2006年09月12日

LinuxでMS-1057の内蔵NICを使う

lspciで
04:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 01)
と出ますので,カーネルは認識していて,別途ドライバをインストールすれば
いいようです.ということで…

ここを見て,
「RTL8111(B)/RTL8168(B)」の「Linux driver for kernel 2.4.x and 2.6.x」
をダウンロードします.動作検証したファイル名はr1000_v1.04.tgzです.

以下一般ユーザで(rootでもいいけど)
tar r1000_v1.04.tgz
cd r1000_v1.04
vim src/r1000_n.c

(修正前)
MODULE_PARM (speed, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");
MODULE_PARM (duplex, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");
MODULE_PARM (autoneg, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");

(修正後) http://forums.suselinuxsupport.de/index.php?showtopic=36365&st=20&p=171325&#entry171325
MODULE_PARM_DESC (speed, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");
MODULE_PARM_DESC (duplex, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");
MODULE_PARM_DESC (autoneg, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");

以下rootで
make clean modules
make install
depmod -a
modprobe r1000
(少し時間がかかった…)
dmesg | tail

これで,以下のような情報が出れば,認識成功です.
eth1: Identified chip type is 'RTL8168B/8111B'.
eth1: r10001.04, the Linux device driver for Realtek Ethernet Controllers at 0xc800, 00:16:17:4e:32:ed, IRQ 177
Realtek RTL8168/8111 Family PCI-E Gigabit Ethernet Network Adapter

あとはLANケーブルを差し替えて再起動.USBのNICを抜くのを忘れないように(と自戒).
posted by たけひこ・m at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MS-1057にDebian

ベアボーンノートのMS-1057を入手しました.
ほぼ同じ大きさのノートPCを持っていて,
それにはWindows XP Homeがプレインストールされていましたんで,
MS-1057マシンには,Debian GNU/Linux (etch)を入れることにしました.

netinstのISOを入手して,インストールは通常通り.と言いたいのですが,
ネットワークは認識しませんので,USBのNICを使用します.

Xも問題なく起動します.ただし内部では1024x768のようです.
これを,1280x800の液晶モニタに表示しているので,ウィンドウやフォントは
少し横長に見えます.

外部モニタにつないでも大丈夫です.Fn+F2で切り替えられます.
ログアウトしたりリブートしたりすると,本体モニタのみの表示になります.
あと,状況によって外部モニタは1280x800の中の1024x768のみを表示することが
ありますが,この原因や対処法はまた後日に….

サウンドについては,rootでalsaconfを実行したら,なんとかなりました.
posted by たけひこ・m at 22:17| Comment(1) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

TeX → dvipdfmx → Foxit Reader のハウツー

TeXファイルを,標準的な方法でplatexとdvipdfmxを通して
PDFにすると,Foxit Readerでは読めません.
フォントを埋め込めばいいわけで,
PDFの作り方 - TeX Wikiを参考にして,手を加えました.

実行環境はWindowsです.

[準備]
ここの「TeXインストーラ」からTeX環境をインストールします.
ここを参考にしてWinShell 3をインストールし,設定します.
・表示確認用に,ここからFoxit Readerをインストールします.

[作業]
・WinShellを起動し,メニューの「オプション - 主なTeX関連プログラムの設定」を選択します.「主なTeXプログラムの設定」タブを開いて,右の「プログラム」でPDFLaTeXを選び,exeファイル名にdvipdfmx.exeのフルパスを,コマンドラインに「-f dlbase14.map "%s.dvi"」を書いて,OKを押します.
・cid-x.mapを見つけます.見つけたら,テキストエディタで開いて,

rml H Ryumin-Light
gbm H GothicBBB-Medium
rmlv V Ryumin-Light
gbmv V GothicBBB-Medium

を見つけ,

rml H msmincho
gbm H msgothic
rmlv V msmincho
gbmv V msgothic

に書き換えます.

(ファイルの所在ですが,TeX環境をC:\tex以下にインストールしたら,
C:\tex\bin\dvipdfmx.exe
C:\tex\share\texmf\fonts\map\dvipdfm\base\cid-x.map
を見てみましょう.)

[TeXからPDFへ]
・TeXファイルをダブルクリックします(普通にインストールすれば,WinShellが開くはずです).
・「LaTeX」のアイコンを押して,DVIファイルを作ります.
・「PDFTeX」のアイコンを押して,PDFファイルを作ります.
・できたPDFファイルを,Foxit Readerで開きます.
posted by たけひこ・m at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。