2006年10月06日

MeadowにYAMLモード

たぶんふつうのEmacsでもできるはず….

ダウンロードは
http://svn.clouder.jp/repos/public/yaml-mode/trunk/yaml-mode.el

~/.emacsに書くのは

;; yaml-mode
(require 'yaml-mode)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.ya?ml$" . yaml-mode))
(add-hook 'yaml-mode-hook
'(lambda ()
(setq indent-tabs-mode nil)
(define-key yaml-mode-map "\C-m" 'newline-and-indent)))


「(setq indent-tabs-mode nil)」を書くことで,
インデントしてもタブ文字にならなくなるんですね.
http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=emacs&node=Just%20Spaces
posted by たけひこ・m at 11:16| Comment(1) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

LinuxでMS-1057の内蔵NICを使う

lspciで
04:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 01)
と出ますので,カーネルは認識していて,別途ドライバをインストールすれば
いいようです.ということで…

ここを見て,
「RTL8111(B)/RTL8168(B)」の「Linux driver for kernel 2.4.x and 2.6.x」
をダウンロードします.動作検証したファイル名はr1000_v1.04.tgzです.

以下一般ユーザで(rootでもいいけど)
tar r1000_v1.04.tgz
cd r1000_v1.04
vim src/r1000_n.c

(修正前)
MODULE_PARM (speed, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");
MODULE_PARM (duplex, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");
MODULE_PARM (autoneg, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");

(修正後) http://forums.suselinuxsupport.de/index.php?showtopic=36365&st=20&p=171325&#entry171325
MODULE_PARM_DESC (speed, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");
MODULE_PARM_DESC (duplex, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");
MODULE_PARM_DESC (autoneg, "1-" __MODULE_STRING(MAX_UNITS) "i");

以下rootで
make clean modules
make install
depmod -a
modprobe r1000
(少し時間がかかった…)
dmesg | tail

これで,以下のような情報が出れば,認識成功です.
eth1: Identified chip type is 'RTL8168B/8111B'.
eth1: r10001.04, the Linux device driver for Realtek Ethernet Controllers at 0xc800, 00:16:17:4e:32:ed, IRQ 177
Realtek RTL8168/8111 Family PCI-E Gigabit Ethernet Network Adapter

あとはLANケーブルを差し替えて再起動.USBのNICを抜くのを忘れないように(と自戒).
posted by たけひこ・m at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MS-1057にDebian

ベアボーンノートのMS-1057を入手しました.
ほぼ同じ大きさのノートPCを持っていて,
それにはWindows XP Homeがプレインストールされていましたんで,
MS-1057マシンには,Debian GNU/Linux (etch)を入れることにしました.

netinstのISOを入手して,インストールは通常通り.と言いたいのですが,
ネットワークは認識しませんので,USBのNICを使用します.

Xも問題なく起動します.ただし内部では1024x768のようです.
これを,1280x800の液晶モニタに表示しているので,ウィンドウやフォントは
少し横長に見えます.

外部モニタにつないでも大丈夫です.Fn+F2で切り替えられます.
ログアウトしたりリブートしたりすると,本体モニタのみの表示になります.
あと,状況によって外部モニタは1280x800の中の1024x768のみを表示することが
ありますが,この原因や対処法はまた後日に….

サウンドについては,rootでalsaconfを実行したら,なんとかなりました.
posted by たけひこ・m at 22:17| Comment(1) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

TeX → dvipdfmx → Foxit Reader のハウツー

TeXファイルを,標準的な方法でplatexとdvipdfmxを通して
PDFにすると,Foxit Readerでは読めません.
フォントを埋め込めばいいわけで,
PDFの作り方 - TeX Wikiを参考にして,手を加えました.

実行環境はWindowsです.

[準備]
ここの「TeXインストーラ」からTeX環境をインストールします.
ここを参考にしてWinShell 3をインストールし,設定します.
・表示確認用に,ここからFoxit Readerをインストールします.

[作業]
・WinShellを起動し,メニューの「オプション - 主なTeX関連プログラムの設定」を選択します.「主なTeXプログラムの設定」タブを開いて,右の「プログラム」でPDFLaTeXを選び,exeファイル名にdvipdfmx.exeのフルパスを,コマンドラインに「-f dlbase14.map "%s.dvi"」を書いて,OKを押します.
・cid-x.mapを見つけます.見つけたら,テキストエディタで開いて,

rml H Ryumin-Light
gbm H GothicBBB-Medium
rmlv V Ryumin-Light
gbmv V GothicBBB-Medium

を見つけ,

rml H msmincho
gbm H msgothic
rmlv V msmincho
gbmv V msgothic

に書き換えます.

(ファイルの所在ですが,TeX環境をC:\tex以下にインストールしたら,
C:\tex\bin\dvipdfmx.exe
C:\tex\share\texmf\fonts\map\dvipdfm\base\cid-x.map
を見てみましょう.)

[TeXからPDFへ]
・TeXファイルをダブルクリックします(普通にインストールすれば,WinShellが開くはずです).
・「LaTeX」のアイコンを押して,DVIファイルを作ります.
・「PDFTeX」のアイコンを押して,PDFファイルを作ります.
・できたPDFファイルを,Foxit Readerで開きます.
posted by たけひこ・m at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

100||0は100じゃなくて1

Cでは,「x||y」の結果は,1か0のいずれかになるのですね.
xとyを0〜2の範囲でループさせ,x||yの値を出力する
プログラムを作って,確認しました.

Rubyに慣れると危ないあぶない….
posted by たけひこ・m at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

railsの警告を抑制

最近のrailsは,実行すると
「warning: colon will be obsoleted; use semicolon」の警告が多くて
辟易します.

とりあえず
alias rails0='ruby -W0 `which rails`'
と書いて,rails0を実行すると,出なくなりました.
バッドノウハウっぽいけど.
posted by たけひこ・m at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

Gentooインストールの要所

Gentoo Linuxを新規にインストールしました.
基本的にはx86クイックインストールガイド
カーネル構築のオプションだけカーネル設定を参照して,
まあまあさくっとできました.

自分なりの要所を.

・ネットワークが設定できたら,/etc/init.d/sshd startを実行して,
 別のマシンからリモートログインして作業します.中断をしてもいいように,
 リモートログイン直後に「screen -e^p^p」を実行します(2回目以降は
 「screen -e^p^p -x」.screenのコマンドプレフィクスはC-pなのが
 自分流です).

・/mnt/gentooにマウントして,stageファイルを伸張したら,
cd /mnt/gentoo
cp /etc/resolv.conf etc
cp /etc/conf.d/net etc/conf.d
cp /etc/ssh/ssh_host_* etc/ssh
 を実行して,ファイルをコピーします.最後のコピーをすることで,
 インストールを完了させ,再起動したときも,サーバ鍵が変わりません.

・emerge -e systemで引っかかりました.2箇所.
 openmotifで止まる…/etc/make.confのUSEの中に「-motif」を入れます.
 automakeで止まる…emerge autoconfを実行します.
posted by たけひこ・m at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

Google Earthを試す

Google Earthを入れてみた…

今いる場所は,かなり鮮やかに見えた…

自宅はぼんやりだった…….
posted by たけひこ・m at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

最小化のすすめ

日ごろWindows XPのマシンで,
いろんなアプリケーションを立ち上げて作業しているのですが,
Firefoxなど,メモリを数十〜数百MB使用してくれるものがあります.

Firefoxは,最小化することでメモリ使用量をうんと減らせることを
知っていた※のですが,
MeadowやWinampでも,同様に減らせることに気づきました.

これからは「参照の必要のないものは最小化」の習慣をとることにします.

※users.jsに
user_pref("config.trim_on_minimize", true);
と書いています.なかったらダメかも.
posted by たけひこ・m at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

pscp vs. sshx

Meadow3+TRAMPで,ssh経由で他のマシンのファイルにアクセスするとき,
C-x C-fのあと
「/pscp:名前@ホスト名:.bashrc」と書いていていたのですが,
リモートがDebianだったらうまくいくけど,
Gentooのにはうまくログインできず,ちょっと悩んでいました.

「/sshx:名前@ホスト名:.bashrc」と書いたら通りました.
たったこれだけのことか…

と思いきや,自宅から職場にはリモートアクセスできないみたい.
pscpでもsshxでも.うーん.
posted by たけひこ・m at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

TortoiseSVNの日本語化に手こずる

頻繁に修正するファイルは,Subversionで管理しています.
Windowsなら,TortoiseSVN.めんどくさいんで
「亀さんSVN」とか「亀さん」とか呼んでます.

さてこの亀さん,月1回くらいの頻度でバージョンアップせよと言うので,
それでその都度アップするのですが,最近のバージョンアップでは
LanguagePackをインストールしても,日本語化してくれませんでした.
再起動してLanguagePackを再インストールしてもダメ.
TortoiseSVNの再インストールからせなあかんのか??

原因は…ダウンロードするLanguagePackのファイル名を間違えてました.
誤: LanguagePack-1.3.4.6687-x64-ja.exe
正: LanguagePack-1.3.4.6692-win32-ja.exe

リビジョン(6692)を見て,インストールしたTortoiseSVNのと
比較したら,一発で分かる話でした.

教訓…よくファイル名を見よう.

参考情報:
TortoiseSVN ユーザガイド
tortoisesvn.tigris.org
SourceForge.net: TortoiseSVN本体
SourceForge.net: ToroiseSVN Language Packs
posted by たけひこ・m at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

GentooのPHPアップグレード事情

Gentoo Linux Documentation -- PHPのアップグレード
をもとに,GentooのPHPバージョンアップと,PEARのインストールをしました.

手順は

vim /etc/make.conf (USEにcli pcre xml zlibを追加)

emerge -av -C dev-php/mod_php dev-php/php

emerge -av '=dev-lang/php-4*' '=dev-lang/php-5*'

dispatch-conf (一通り「u」でいいと思う)

php-select php (動作確認)

emerge -av PEAR-PEAR PEAR-Mail PEAR-MDB

USEにcliだけを追加すると,phpのインストールはできますが,
PEAR-PEARを入れる途中でエラーが出ますので,
最初から4つのオプションをつけておくのが吉です.
posted by たけひこ・m at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

起動時に一般ユーザの権限でコマンドを起動したいとき

たまにはテクニカルな和大を.じゃなかった,話題を.

Linuxの起動時に,一般ユーザの権限でコマンドを起動したいときに,
どうするか….

Software Design 6月号のDebian記事のなかで,
crontabで「@reboot」を使えばいいと書いていました.

あ,ほんとだ.crontab(5)に
「@reboot Run once, at startup.」
と書いてるじゃないか.

使い方は…
Landscape - エンジニアのメモ 2003-09-08

@hourlyは使ったことがあったんだけど,気づいてなかった….

そしてもっと悲しいのは,こういう便利そうな情報を知ったときに,
これを自分で使う例が思い浮かばないこと….
posted by たけひこ・m at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

DeepBurnerで焼く

久しぶりにメモ.

BitCometでゲットした
knoppix_v5.0.0DVD_20060225_cebit-20060406+IPAFont_AC20060412.isoを
DVD+RWに焼くために,DeepBurnerを立ち上げまして…

ありゃ,6Xになってら.
メディアは4Xまでなんだけど.

あと,DeepBurnerのバージョンを見ると,1.6.0.198.
焼いてから,1.8.02.24に上げておきました.
posted by たけひこ・m at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

「Ogg Vorbis → MP3」をCygwinで

このブログにそぐわない極めてテクニカルな話題ですが、
iPodを買いまして、
Ogg Vorbisが再生できないので、MP3に変換する必要が出てきました。

持っている音楽ファイルは5000以上。
oggファイルはそのうち1600個ほど。
さてWindows環境で、どうやって一括変換しようか考えまして、
Googleで調べたところ、「ogg2mp3」というPerlスクリプトを知り、
試しました。

以下、使えるようになるまでの作業の要約です。

・Cygwinで、perl, lynx, ogg123が入っているのを確認

・CPANでPerl-String-ShellQuoteをインストール
 perl -MCPAN -e shell.初期設定後,install String::ShellQuote

・LAMEをインストール
 ついでにln -s /cygdrive/c/Program\ Files/Lame/lame.exe /bin/lame.exe

・vorbis-toolsをソースからインストール
 share/{utf8,iconvert}.cの適切な位置に「#include "config.h"」をつけないと、
 ogg2mp3で日本語タグをちゃんと変換してくれない
 欲しいのは /usr/local/bin/ogginfo.exe だけ

・ogg2mp3をインストール
 $OGGINFOの値を変更。他のパスは変更なしで動いた。

・実行
 まずexport CHARSET=SJIS
 それからcdで、oggファイルのあるディレクトリに移る
 変換は、ogg2mp3 --verbose .

参考にしたページ
CPAN 初級 … CPANの使い方を簡単に知る
MP3' Tech - Encoders … LAMEのWindowsバイナリへのリンクあり
ogginfo が日本語タイトルで常に ### に化ける … ogginfoの不具合を教わる
Mark Draheim at HU-Berlin … ogg2mp3のありか
posted by たけひこ・m at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。