2006年05月24日

追悼文

月曜日に,悲報が回ってきた.
ここ数年,顔を合わせていない人.
一緒にアクティブに活動してたのは,1996年〜1999年だったか.

火曜日,通夜に行く.
そのときの付き合いで,これまた数年ぶりの人が多かったので,
場にそぐわず,わいわいやってしまう.

終電で帰宅して,最初に思ったのは,
「氏が書いたものがあったはず…探すか」
しかし眠気が強く,ベッドに入ってしまう.

水曜日の日中は,雑用に費やされる.
(あいつは荼毘にふされてしまったんだなあ….)
帰宅して,やっと調べ物をする余裕ができた.

1件は,フルネームをGoogleに入れると1位で出てきた,PDFファイル.

================================
『5年.私がぷよのイベントに携わってもう5年になる.高校を卒
 業したばかりの私が今では社会に出て夢を追いかけている.全国を
 まわって友達が全国に出来た.結婚までした知り合いもいる.イベ
 ント運営なんてぷよと出会わなかったらしてないと思う.5年もな
 ると回りの環境も変わる.しかし5年たっても新しい出会いもある
 し,薄れない絆もある.1999年と言う5年目の夏を楽しもうとし
 ましょう.
 [管橋優雅]』
"puyo festa '99 summer offcial guide", 1999年8月28日発行
================================

1999年ということは,自分は職場を変えて1年目か.
5年戻して1994年は,大学の友人との間で,ぷよ通に励んでたときだな.
南港で大会があって,ベスト16まで行って負けたんだったか.
1994年〜1996年は…メーリングリストでがやがやしたり,
公認大会開いたり,
仕事に就けるか苦労して,何とかクチがあって,厳しく優しい上司に
恵まれたところだ.

1998年6月某日の結婚式には行ったぞ.
管橋さんが司会をしてたじゃないか!

にしても…ぷよフェスタは,もう1回やっていたはず.
1999年の1月か2月だったか.あるいは2000年?

Web上にはないらしい.
過去のパンフや冊子を調べてみた.がさごそ…
そして発見.

================================
『ゲームイベントをやってきて,スタッフの皆に知ってもらいたいのは,
 作る楽しさです.制作側が楽しくなると,イベント当日も楽しくなり,
 参加する楽しさが生まれるんです.
 今回のイベントは,その作る楽しさの集大成だと思ってます.
 イベント数が少ない中,みんなで作ったこのイベントは絶対的な物で,
 後に続く楽しさだと思いますので,
 皆さんも,参加する楽しさを十分にしてください.

 [イベントプロデューサー 管橋優雅]』
"puyo festa '99 winter official guide", 1999年1月31日発行
================================

場所は大阪市大正区の会館だったと思う.
100人は越したかな,来場者数.
なんか叱られた記憶もある.違うかな.

今の仕事は,人と関わって,形になるもの,形にならないものを
作ることばかり.

あのころ,プレイしたり,大会を催したり.
ぷよ活動は充実の趣味だった.
現在,ぷよのことを分かってくれそうな人がまわりにいないので
(自分の結婚式で,来賓の恩師と同僚に言及をいただいたのが最後かな),
自分から語ることはしなかった.

あのころを思い出してくれた,月曜からの3日間.

さて,楽しい仕事に取りかかるか.夢を追いかけよう.
更新履歴…
posted by たけひこ・m at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | かんばしし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

DeepBurnerで焼く

久しぶりにメモ.

BitCometでゲットした
knoppix_v5.0.0DVD_20060225_cebit-20060406+IPAFont_AC20060412.isoを
DVD+RWに焼くために,DeepBurnerを立ち上げまして…

ありゃ,6Xになってら.
メディアは4Xまでなんだけど.

あと,DeepBurnerのバージョンを見ると,1.6.0.198.
焼いてから,1.8.02.24に上げておきました.
posted by たけひこ・m at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

ウナ丼

先日,福岡の柳川で鰻重を食べました…
ウナギといったら,この話.

「ウナ丼ってあるやんか」
「どしたん?」
「ウナギパイ丼,な」
「ないない」
「いや,『のんきな父さん』っていう4コママンガでやなあ」
「なによそれ」
「お父さんが『今日はウナ丼だ』っつって,子供が『わーい』ってので」
「それでウナギパイなん?」
「そう,子供のがウナギパイ丼.『こんなのいやだー』ってお父さんのを見たら…」
「何なん?」
「ウナコーワ丼」
「絶対ないってそんなん!」

まあもちろんフィクションだけど.
posted by たけひこ・m at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | むかしばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

「Ogg Vorbis → MP3」をCygwinで

このブログにそぐわない極めてテクニカルな話題ですが、
iPodを買いまして、
Ogg Vorbisが再生できないので、MP3に変換する必要が出てきました。

持っている音楽ファイルは5000以上。
oggファイルはそのうち1600個ほど。
さてWindows環境で、どうやって一括変換しようか考えまして、
Googleで調べたところ、「ogg2mp3」というPerlスクリプトを知り、
試しました。

以下、使えるようになるまでの作業の要約です。

・Cygwinで、perl, lynx, ogg123が入っているのを確認

・CPANでPerl-String-ShellQuoteをインストール
 perl -MCPAN -e shell.初期設定後,install String::ShellQuote

・LAMEをインストール
 ついでにln -s /cygdrive/c/Program\ Files/Lame/lame.exe /bin/lame.exe

・vorbis-toolsをソースからインストール
 share/{utf8,iconvert}.cの適切な位置に「#include "config.h"」をつけないと、
 ogg2mp3で日本語タグをちゃんと変換してくれない
 欲しいのは /usr/local/bin/ogginfo.exe だけ

・ogg2mp3をインストール
 $OGGINFOの値を変更。他のパスは変更なしで動いた。

・実行
 まずexport CHARSET=SJIS
 それからcdで、oggファイルのあるディレクトリに移る
 変換は、ogg2mp3 --verbose .

参考にしたページ
CPAN 初級 … CPANの使い方を簡単に知る
MP3' Tech - Encoders … LAMEのWindowsバイナリへのリンクあり
ogginfo が日本語タイトルで常に ### に化ける … ogginfoの不具合を教わる
Mark Draheim at HU-Berlin … ogg2mp3のありか
posted by たけひこ・m at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | こんぷーてんぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

I am here

地図日記というのを知りました。
トラックバックも打てます。
ちょっとテストしてみます。


posted by たけひこ・m at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | わかやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

架空の人名 その後

「わかやま農家のグループブログ」というブログで、
まずは書く練習を、と、
農家とぜんぜん関係ない話を展開しています。

そのうちのひとつが、架空の人名

そこでは6人の名前をあげています。
ちょっと解説しておきます。

Wakayama Taro (和歌山 太郎):
和歌山を語らせる上で欠かせない、架空の人物名ですね。

Kainan Hanako (海南 花子):
和歌山に対して海南、太郎に対して花子。
安直なネーミングです。

Kinokawa Wataru (紀の川 渉):
いっつも紀ノ川を渡ってるので。
といってもバスですが。

Kumano Ayumi (熊野 歩):
熊野古道を歩いたことないです。いっつも車です。ごめんなさい。

Kujirano Taichi (鯨野 太一):
鯨といったら太地町(たいじちょう)ですが、
「Kujirano Taiji」は「鯨の退治」になるので、ちょっと変えました。
コメントで追加した人物名です。

Kinokawa Momoko (紀の川 桃子):
桃山町(今は紀ノ川市)、あらかわの桃にちなんだネーミング。
コメントで追加した人物名です。

なのですが、並べてみたときに、3人目以降が「K」から始まることに
気づきまして、あわてて修正。
コメントで追加した2名は取り除き、新たに次の2名を取り入れました。

Yura Umihiko (由良 海彦):
鯨じゃなければ、海岸で遊びましょう。

Arakawa Momoko (荒川 桃子):
あらかわの桃をストレートに表現しました。

ということで、昨日までにデータベース登録は完了し、
今日からは、このデータベースの利用ガイドを書くことにします。

ついでに、ボツ名をひとりだけ。

Minabe Umekichi (南部 梅吉):
「みなべ」と「梅」を組み合わせたネーミングは、
当初から考えていたのですが、いい名前ができませんでした。
梅吉さんって、なんかご年配の方に見えてしまう。
posted by たけひこ・m at 06:19| Comment(0) | TrackBack(10) | わかやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ビデオテープ?

これからときどき、昔話を書いてくことにします。
といっても、桃太郎とかじゃなくて、
かつて本で読んだり、どこかで聞いたりしたけど
出典が思い出せないようなものです。

まずは…
「ビデオテープで『3倍速』とか言うけど、
本来2時間のところを6時間録画できるのなら、
『3分の1倍速』と言うべきではないのか?」

聞いたときは感動しました。
虚をつかれました。

んで、最近はビデオテープを買うことさえないのですが、
ちょっとネットで調べたところでは、
「3倍モード」という表記がありますね。

あ、
ビデオテープレコーダー(VTR)
の中には、『1/3にした3倍速スピード方式』と書かれていますね…。
posted by たけひこ・m at 21:58| Comment(0) | TrackBack(1) | むかしばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

ダンス・エクスプレス・ハイスピード

古いCDを聴いています。
CDはもはやなくて、MP3にエンコードしたものを、
パソコンで雑用しながら聴いているのですが。

「DANCE EXPRESS Hi-SPEED FOR HAPPY PARTY」。
ノンストップで速いの。
2000年のもの。
たしか、「DANCE EXPRESS Hi-SPEED」で3枚ほど出て、
そのベスト版の位置づけだったかな。

LAST CHRISTMASやCARTOON HEROESをはじめて知ったのは、
このCDなのです。今でも聴ける、名作です。

まあでも、DANCE EXPRESS Hi-SPEEDのCDを買ったのは、
beatmania IIDX 4th StyleのFANTASYやJIVE INTO THE NIGHTあたりの
せいなんですが。
いや、S.O.S.の速いのってのもあったなあ……。
posted by たけひこ・m at 22:59| Comment(0) | TrackBack(1) | おんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

オープン!

あの「ありえやんで」が
とうとう和歌山に進出?!

……というのはもちろん冗談。
不マジメにあれこれ書いていきますので、
ご愛顧のほどよろしくお願いします。

ちなみに、「ありえやんで」という言葉は、
「ありえない」が語源の和歌山弁でして、
意味としては「よくそんなことする(した)
もんだなあ」ってなところです。
posted by たけひこ・m at 05:55| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。